バドミントン11点5ゲームがいよいよ正式に決まりそうですね。

バドミントン11点5ゲームがいよいよ正式に決まりそうですね。

さて、既にBWFの理事会で合意している11点5ゲームが、5月のBWFの総会で最終決定されることになりそうです。バドミントンのゲームスタイルがまた変わりそうですね。攻撃的なプレーヤーがさらに有利になりそうです。バドミントンプレーヤーとしては個人的には21点継続でもよいかなと思いますが、客観的に考えると、更に競技人口を増やすため、スリリングなゲーム展開の演出やテレビ放送のしやすさ。というメディア向けのスポーツを狙うには11点はよい選択だと思います。11点なら捨てゲームもかなり減ると思いますし。卓球も同じような流れで今は11点ゲームですが卓球素人が見ている分には楽しいですし、日本でもテレビ放送や競技人口も増えています。当然玄人好みの体力を削るような戦略性の高いラリー戦は少なくなると思いますが、21点になるときも同じようなことを言われていました。時代の流れとともに選手の技術力アップや道具のハイテク化で、11点になってもラリーはどんどん長くなっていくと思いますし、10年くらいたてば試合時間は今と変わらなくなるんじゃないかなーというような気もしています。新しい魅力で新しい層にバドミントンが広がると良いですね。では今日のレポートです。

開催概要

場所:与野体育館
時間:19:00-21:00
コート数:3面

参加者

メンバー:8名(男性5名 女性3名)
ビジター:9名(男性6名 女性3名)
合計バド参加者:17名

練習後記

久々にメンバーが8人も参加となりました。(笑)3面で17名にもなるとなかなか賑わいますね。久々の参加の方もいましたが、。怪我しなくてよかったです。暖かくなってきたらいつもこれくらい賑わうといいですね。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
(最終更新:2018年3月12日)コメント0345 PV
CATEGORY :

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)