YONEX OPEN JAPAN 2016 バドミントン大会の見どころを考えてみる。

YONEX OPEN JAPAN 2016が今年も開催されます。トップ選手がオリンピック後の大会を見送ってチャンスが回ってきた若手にとっては、とても大きなチャンスになる大会でもあります。オリンピックに出場した選手は心身ともに疲れていますので、たくさんの波乱も起きそうですね。

中国に新鋭は現れるか

特に中国は、ワンイーハン、ワンシーシャン、ユーヤンなどロンドン五輪から一線を戦っていた選手の多くが、リオ五輪後に引退を表明しており、中国は日本以上に国内での熾烈な戦いが始まります。勝って結果を残せば、次の大会でもチャンスがもらえることは明白ですので、選手の気合の入り方も違います。次世代を担う中国の若手選手を見て、この人、これから来そうだなーなんていう見方をするのも楽しみの一つです。

男子シングルス

注目はやっぱりリーチョンウェイ選手ですね。長年ヨネックスと契約しているということもあり、毎回オリンピック後でもこの大会に必ず出てきてくれるとっても律儀な方です。来年の世界選手権までは現役を続けると明言しており、11点5ゲームが正式採用になれば体力的にだいぶ楽になるため、東京まで続ける可能性にも言及していましたが、日本で見られる最後の雄姿になる可能性もあります。疲れもあると思いますが、チェンロンやリンダンも出場しませんし、最終日まで残ってほしいですね。そして、この種目日本選手は、本選出場が1人もおらず、全員予選からの参加となりまして、武下選手のみが本選へ進むことができたのですが、ちょっとさびしいですね。日本の男子シングルスは試練の時を迎えています・・。

女子シングルス

リオオリンピック金メダリストと銀メダリストが出場を見送りましたので、奥原選手が第1シードとなります。注目はやはり奥原選手になると思いますが、この種目、日本は将来性のある若手も多くいて、層がとても厚いです。東京オリンピックに出場するためには、奥原選手、山口選手という日本の2枚看板を超えないとなりません。日本代表に入るためには12月の全日本総合の結果次第という前提は変わりませんが、大きなトーナメントで実績を残すということも重要になってきます。国内で東京オリンピックに向けての戦いは今から始まります。

男子ダブルス

この種目の注目は遠藤&早川ペアです。早川選手の腰の具合も心配ではありますが、リオオリンピックの無念をこのホームの大会で、スーパーシリーズ初優勝という形で晴らしてもらいたいですね。その他、後進の為にペアの解体が決まっている、インドネシアのアーサン&セティアワンペアも、こののペアとしては最後の雄姿となりますので見逃せません。日本選手はオリンピックレース終盤で好成績を連発した、園田&嘉村ペアにも注目です。これからはこのペアが日本を引っ張って行かなければなりません。しかし、このペアに続く下が出てきていないので、この大会で頑張ってもらいたいですね。

女子ダブルス

女子ダブルスは高橋&松友ペアが中心になるかと思いますが、オリンピックを終えて疲れもある中、様々なイベントやテレビ出演などでロクに練習が出来ていないことは想像に難くありません。どこまで戦えるかは未知数ですが、今大会、1番大きな声援が飛ぶと思うので頑張ってもらいたいですね。また、日本バドミントンのお家芸種目ともいえる女子ダブルスは、今後、東京オリンピックに向けて2番手争いもヒートアップしてくると思います。2番手はオリンピックレースを戦ってきた福万&與猶ペアが一歩リードしているとはいえ、福島&廣田ペアを筆頭に、下の世代も出てきていますので若手にも注目です。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント01366 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください