事実上の決勝戦と言われたスディルマンカップ準決勝は2-3の惜敗で惜しくも3位!!

スディルマンカップ準決勝 Live観戦

スディルマンカップ準決勝は中国との対戦です。どのチームもオリンピックを終えて若返りが図られている中、日本は今回かなりチャンスがあるということで、事実上の決勝戦といわれていました。最初のミックスダブルスで渡辺&東野ペアが世界ランク1位のペアを破り勢いに乗った日本チームでしたが、2-2で回ってきたタカマツペアは苦手にしている中国の若手ペアに負けてしまい日本は3位となりました。このペアには相性が悪いですね。これで1勝3敗でしょうか。しかも3連敗のような・・。かなり研究されているというのもありますね。

松友選手のサーブ回り

松友選手のサーブ回りが、リオオリンピックからショートサーブが自信もって打てなくなっているようで、この試合でもほぼロングサーブでした。元々ロングサーブが多い選手ですが、ショートをしっかり打ててのロングサーブと、ショートが打てないロングサーブでは、まるで異なります。当然相手もそれがわかってるので20%-80%くらいの割合でロング待っていたような印象でした。ショート打ったら逆にフェイントになってる。。というくらいな状態でした・・。。前衛でもある松友選手のサーブからゲームが作れず点数がなかなか取れないので、リズムが最後まで掴めず悪かったですね。このサーブのスランプはなかなか深そうですが、切り替えて次頑張ってもらいたいです。早川選手の引退でミックスは出なくなっちゃいましたが、またミックスも出たらどうなんでしょうかね。体力的には大変だと思いますが、実戦が1番な気がします。ミックスのサーブは女子ダブルスのサーブよりもシビアだと思いますし。。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント0374 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください