1回戦結果 第105回全英オープンバドミントン選手権大会2015

1回戦結果 第105回全英オープンバドミントン選手権大会2015

全英オープンバドミントン選手権 本選の初日が終了しました。日本勢は、強敵相手の敗戦がいくつかありますが、全体的にはなかなかコンディションがよさそうです。2回戦も期待したいですね。

混合ダブルス

早川&松友 vs Riky Widianto&Puspita Richi Dili(INA)
21-19 21-13
第8シードを破っての勝利です。

男子ダブルス

3ペアとも初戦突破しています。2回戦も頑張ってもらいたいですね。

  • 橋本&平田 vs Lukasz Moren&Wojciech Szkudlarczyk(POL)
    22-20 21-12
  • 嘉村&園田 vs Wahyu Nayaka Arya Pankaryanira&Ade Yusuf(INA)
    21-18 21-12
  • 遠藤&早川 vs Kim Astrup&Anders Skaarup Rasmussen
    21-6 18-21 21-17
女子シングルス

1回戦で日本勢4人のうち、3人が残念ながら敗戦。山口選手や奥原選手はかなりの強敵との対戦でしたが、今回は残念でした。今後も何回も対戦することがあると思うので、応援したいですね。

  • 三谷 vs Linda Zetchiri(BUL)
    21-8 21-11
  • Ratchanok Intanon(THA) vs 山口
    21-7 21-16
  • Wang Yihan(CHN) vs 奥原
    21-15 7-21 21-19
  • Kim Hyo Min(KOR) vs 橋本
    21-15 21-16
女子ダブルス

第2シードの高橋&松友ペアが昨日触れたように1回戦の強敵に残念ながら負けてしまいました。昨年以上にかなり研究されているでしょうから、このあと踏ん張りどころですかね。他2ペアはファイナルで勝利です。

  • 福万&與猶 vs Suci Rizky Andini&Maretha Dea Giovani(INA)
    21-10 18-21 21-17
  • 垣岩&前田 vs Vivian Kah Mun Hoo&Khe Wei Woon(MYS)
    15-21 21-11 21-16
  • Tang Jinhua&Zhong Qianxin(CHN) vs高橋&松友
    21-14 21-18
男子シングルス

上田選手、桃田選手、佐々木選手共にシード選手や強敵を倒して2回戦進出です。田児選手は敗退です。強敵ではありますが実力からいってコンディションが良ければ勝てる相手ではあったと思います。やはりコンディションがなかなか戻らないのでしょうか。ちょっと心配ですね。

  • 上田 vs Wang Zhengming(CHN)
    21-12 21-15
  • 桃田 vs K. Srikanth [4](IND)
    21-18 12-21 21-15
  • 佐々木 vs Hans-Kristian Vittinghus [7] (DEN)
    13-21 21-15 21-16
  • Boonsak Ponsana(THA) vs 田児
    21-19 21-16

波乱

1回戦では早くも4シードまでの選手の敗退が見られました。混合ダブルスでは、第3シードのXu Chen&Ma Jin(CHN)、男子シングルスでは、第3シードのSon Wan Ho(KOR)、桃田選手が勝利した第4シードのK. Srikanth(IND)、男子ダブルスでは第1シードの優勝候補筆頭のLee Yong Dae&Yoo Yeon Seong(KOR)が敗退の波乱。そして、女子ダブルス第2シードの高橋&松友ペアの敗退です。日本も含めて、タイ、インド、ドイツなど、トップクラスの国を脅かす程レベルアップしている国が多くなってきていて、バドミントン界は群雄割拠の時代です。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント01047 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください