タウフィック・ヒダヤット選手 来年6月で引退のようです。

タウフィック・ヒダヤット選手(インドネシア)が、来年のインドネシアオープン(6月)で国際試合からの引退を発表したそうです。全盛期のような力は今は見えませんが(そこまで練習してなさそうですが。。)神業のようなバックハンドやヘアピンが見れなくなるのは残念です。ヘアピンやバックに追い込まれたときの対応にもかなり自信を持っているのがプレーでも感じられ、ヘアピンを打ったあと、尋常じゃないくらい前で待ってます(^^;後ろ逃げられたらまずいでしょ。。と思っても、神業ヘアピンで奥まで返球させなかったり、フォアと同じようにバックを打てるので、追い込まれても簡単にラリーが続いちゃって、ムムム。。という感じでいつも見てました(笑)ロンドンオリンピックの男子シングルスベスト4のうち、3人が北京五輪と同じでしたし、ピーター・ゲードやタウフィック・ヒダヤットのように続けて出た選手も多かったですが、特に男子は、ロンドンオリンピックをきっかけに、がらりと世代交代が行われそうです。日本の若手選手も遅れないように頑張ってもらいたいものです。

さて、前述のタウフィック・ヒダヤット選手、ジャパンオープンにも出てくると思うので、最後に生で是非見たいです。。。でも、今年のジャパンオープンは仕事で行けなさそうだ・・・(T_T)


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント01458 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください