さいたま市バドミントン講習会2005

Reported by 怪鳥

今日はさいたま市のバドミントン講習会に行ってきました。こういった類の講習会は女性の方の参加者が多いのですが、同じクラブの仲間も参加し、参加費\500で午前講習、午後フリーと、格安での打ち放題という好条件で参加を決めました(笑)。当日は50名ほどの参加でしたが、予想通り男性は5名ほどでした(^^;

本日の講師は、YONEXの大熊倫子選手と、亀谷望選手でした。現役選手の講師とはありがたいですね。

体操・アップ・基礎打ちを終え、いよいよ練習開始です。まずは5対5位でクリヤーとヘアピンを交互に打ち合い動きながら打つ練習をしました。やはり、バドミントンは動いて行うスポーツですから、動きながら練習するってことはとっても大事なことだと思います。

その後、ダブルスの練習で以下のような練習をやりました。YONEXで取り入れてる練習だそうです。

  • スマッシュとドライブなし。
  • ・・・忘れてしまいました。(参加者で覚えてる方教えてくださいm(__)m)
  • ドロップなし

スマッシュとドライブなしは、かなりラリーが繋がって結構疲れました。

そして、講習会の最後には、模範試合を行うということで、大熊&亀谷ペアとのエキシビジョンマッチの、対戦相手に借り出されてしまいました。日本のトッププレーヤーの生のプレーを間近で見てもらうってのが、大きな目的だと思うので、ラリーも繋がらずにサクッと負けることは許されない状況でした。かと言って、手を抜かれるのもやだし・・(笑)相手は上下ユニフォームという試合の正装でしたが、私はこんなことは予想していなかったので、ハーフパンツを履いておらず、ジャージで試合に挑みました。

幸いなことに講習会でのダブルスの練習等で体はあったまっていたので、初っ端から飛ばしてまずまずの動きができ、10-10位まではなかなかいい勝負をしていたんじゃないかなーと思います。私達は即席ペアで、後で聞くと、後半は私より年輩のパートナーの方にシャトルが集まったようです。えげつないですね(笑)ということで、残念ながら負けてしまいました(T0T)

でも、ラリーも長くなったしエキシビジョンマッチとして最低限のゲームは出来てホッとしました。大熊選手がゲームの主導権を握ってゲームやラリーを組み立てていて、シャトル回しも厳しくて上手でしたね。ドロップを多用されかなり動かされました。まー、週1回のバドミントンの割には、まだまだ行けるかも(笑)と思えた試合でもありましたが、1ゲームだけなのに試合が終わったらグッタリでした。。50人の人に注目されながらのバドミントンはなかなか体験できないので、貴重な体験が出来てよかったです。

来年も開催されるようでしたらぜひ参加したいと思います。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント01402 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください