リオオリンピック バドミントン 8月14日(4日目)の結果

バドミントンは4日目に入りました。波乱が起きているリーグもありますが、スーパーシリーズではもっと上位勢が崩れることも多いのですが、シード選手はほぼ順当に勝ち上がって来ており、さすがこの大会に合わせてきているだけのことはありますね。それでは、本日の結果です。

女子シングルス 山口茜選手(21-18/21-5)

本日も、初戦に続き動きにあまりキレがないように感じられました。1セット目も終盤までリードされたところで、相手選手がふくらはぎを負傷してしまいました。その後、試合は続けたものの動きに精彩を欠きそこから逆転。2ゲームはワンサイドゲームとなりました。次戦は格上のインタノン選手との対戦です。過去に何度も勝っている実績もあるので動きさえ取り戻せればチャンスはあります。

女子シングルス 奥原希望選手(21-12/21-12)

正直なところ、結構接戦になるかもなぁと思っていましたが、1戦目、2戦目に続き動きもキレッキレで、寄せ付けませんでしたね。ほれぼれするような試合展開と動きでした。次は韓国選手との対戦です。直近は圧勝しているので今日の出来ならまず問題ないと思いますので期待したいですね。

男子シングルス 佐々木翔選手(15-21/9-21)

今年の全英オープンで勝っている相手でしたが、中盤あたりからやや疲れが見え始めてきてしまいました。急に決まったオリンピックで、コンディションやメンタルも大変だったと思いますが、最後まで戦い切りましたね。とにかくお疲れ様でした。ということしかありません。

混合ダブルス 準々決勝 数野&栗原ペア(14-21/12-21)

本日から準々決勝ですが、抽選に恵まれず、世界最強の中国ペアとの対戦となりました。結果は完敗となりましたが、ペア結成わずかな期間でここまで来たのは凄いの一言ですね。特に栗原選手の前衛が1年前とは全くの別人。元シングルスプレーヤーなので打てるし走れるしで、もうちょっと熟成の期間があればなーという感想しかありません。攻撃力は世界でもトップクラスだと思うので、今後守備面と展開を鍛えていければもっともっと上に行けそうな感じがします。

予選も終わり、いよいよ決勝トーナメントがスタートします。盛り上がってきましたね。


ブログランキング参加中!クリックお願いしますm(__)m ↓↓
にほんブログ村 バドミントンへ

この記事は参考になりましたか?

0
コメント01778 PV

お気軽にコメントください♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください